任意売却とは

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローン等金融機関への返済を滞ると一定の機関が経過して期限の

利益を失い金融機関等債権者から一括返済を求められます。期限の利益を喪失する前

に売却をすすめ市場価格より借入金の残債がすくなければ売却して債務は残りません

しかし残債が市場価格を大きく上回っている場合、売却は困難になります。

時間は経過するばかりで、その後、保証会社から金融機関への返済(代位弁済)が行われ

保証会社等は裁判所へ競売の申し立てを行い裁判所から債務者へ競売開始の通知が届く

のです。競売開始決定となり裁判所の執行官より連絡があり物件の内部確認・物件の

内容の聞き取り、不動産鑑定士の鑑定がおこなわれ最低競売価格が決まりこの頃には

一般の人々に情報は認知されます。期間入札がおこなわれ落札者が決まり残債務が確定

します。競売落札価格は市場価格よりもかなり低い価格のため残債務が多く残る場合が

多いようです。

このようなことにならないために債権者と協議を行い売却価格の同意を得て売却をすす

めていくことを任意売却と言います。。

任意売却を行うことにより競売よりも残債務は少なくなるメリットがありますし担当者

への依頼に精神的な負担も軽減されます。